山梨県押花倶楽部(4月16日)

 

「山梨県押花倶楽部」におじゃま!

 

代表の中嶋門子さんです。

 

 

 

こちらはくぼたさんが作られた、牡丹の花。ご自宅の庭に咲く花を押し花で表現しました。

 

こちらは、田中さんの作品。花瓶は葉っぱの裏表の陰影を使い繊細に表現されています。

 

 

<押し花の楽しみ方>

・採取する
・育てる
・作品づくり
・花を押す
・保管する

 

 

押し花の専用マットに置いて押すと、色落ちせずにきれいに仕上がるんです。しかも立体感を感じるから不思議!

 

 

 

また、素材として使うのは花だけでなく、バナナの皮なども使うんですって。

 

 

 

四季折々の花が楽しめるのが押し花の魅力、と皆さん話して下さいました。

 

 

 

植物から元気をもらいながら楽しめる「押し花」ぜひ作ってみませんか。興味のある方は、山梨県押し花倶楽部事務局(055-221-1675)までお問い合わせ下さいね。


2018年4月17日 11:29