ほうとう×ご飯はあり?(12月2日)

テーマは・・・

 

どっちDE山梨!

 

12月2日予告

 

 

街頭インタビュー

 

街頭インタビューでは、50人に12人が「食べたことがある」「今も食べている」と答えました。

 

「ちいさいころおばあちゃんがよく作ってくれた」

「2日目のほうとうなら、お母さんがやっているので」

「むしろご飯にかけるために、残しておく!」

 

家族が食べているという方は、代々その習慣を受け継いでいる・・?

 

ほうとうご飯

 

時短に最適!ほうとうご飯

 

さらに実際に食べているという飯野さんご家族の食卓にもおじゃましました。

 

老舗和菓子店の朝の準備に朝食の時間も十分にとれない飯野さんのお宅では、「ほうとうご飯」は時短料理としても優れもの。

 

しかも、「温かいご飯に、冷たいほうとう」が基本。冷えてどろどろになったほうとうが、温かいご飯の熱でいい具合に溶け出しておいしく食べられるんだそうです。

 

 

メニュー化もしていた!?

 

さらに、山梨市に「ほうとうご飯」をメニュー化しているお店があるという情報も!!

 

それは「のんきばぁーば」というほうとうが名物の料理店です。

 

 

メニューのなかで今、密かに人気を伸ばしているのが

 

一泊ほうとう(1,300円)※ご飯別

 

 

店主の古屋照子さんは、

 

「子どものころに食べた、2日目のほうとうの方がおいしいと思って皆さんにも食べてもらいたいと思った」

 

山梨の家庭の味を大胆にもメニュー化!昔なつかしい、あの味を食べたい!!という方も多いかもしれません。これはヒットの予感かもしれませんね。

 

のんきばぁーば

住所 山梨県山梨市上神内川846−1

電話 0553-88-9151

 

 

 

 

アンケート最終結果は・・・

 

最終的に、番組で皆様にお願いをしたアンケートはこのような結果になりました!!

 

結果

 

○今も食べている 24%

○過去に食べたことがある 22%

○食べたことがない 54%

 

 

「かける派」のこの数字、意外ですか?納得ですか?

 

 

そして気になるご意見も・・・

なんと皆さん、「ほうとうご飯」以外にもこんなアレンジをしているんですって。

 

 

・グラタン風に。
・納豆やキムチを入れたり、御飯を入れておじやに
・梅干し、かつお節トッピング
・少量のカレーを混ぜてカレーぼうとうにします。おいしいですよ
・バターをのせる
・バターかラー油入れて食べる
・バターと豆板醤を入れて食べます。
・ほうとうの麺をパスタとして、カルボナーラで食べたりします。
・クリームシチューにほうとうの麺を入れて煮てる
・キムチを入れる
・コロッケにする   など

 

 

なんだか、山梨の新グルメになりそう・・・!!

 

山梨のソウルフード「ほうとう」の可能性は無限大!奥深い山梨の食文化をあらためて実感することができました。

 

今回アンケートにご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。


2016年12月2日 04:52