リードの侍スピリッツ~剣道~(1月31日OA)

北杜市白州町にある正心館の蓑輪勝館長は、 

日本剣道の中心といわれた東京野間道場で教えを受けた剣道家です。

剣道には、防具をつけた対戦のほかに、基本の動きを繰り返し練習する形があります。

ただ、この道場の形は特徴的なんです。

その名も太刀筋一円之型。

1つの流れはおよそ3分間で15の技でつなぎます。

しかし、互いの役割をいれかえると円のようにとぎれることなく

延々と続きます。そしてそのひとつひとつに意味があります。

 

「たそがれ清兵衛」をはじめとした山田洋次監督の時代劇

3部作の剣術指導をした蓑輪館長。

作品を通じて改めて剣術を調べ上げた結果、自分の理想とする型がわかってきたといいます。

 

侍の心にふれたリードさん。

山梨が世界に誇る、武道がここにありました。


2019年1月31日 05:22