世界も驚く!山梨の天才学生(3月14日OA)

この春、甲陵高校を卒業した村木風海さん。

実は、人類を救うかもしれない世紀の発明をしたんです!

それが「ひやっしー」という空気中から二酸化炭素を集める機械です。

空気中の二酸化炭素を回収し、地球温暖化を食い止めようというアイディア!
持ち運び可能な家庭用サイズの装置は、世界でも例がない発明品なんです。
ノーベル賞の大村智さんが創設した「大村智自然科学賞」を受賞しています。

この研究を始めたきっかけは小学校5年生の自由研究でした。

『火星に住むにはどうすればいいのか』というテーマでした!

将来の目標は、

  • 「地球温暖化を止めること」
  • 「空気からすべての有機物を合成すること」
  • 「人類の火星移住を実現」
  • ということ!

 

4月から東京大学工学部へ入学して、大きな夢を実現するため羽ばたきます!


2019年3月14日 06:00