園児爆笑!えがないえほん(12月7日)

 

今回注目したのは、出版業界で話題のえほん!

その名も「えがないえほん」

 

なんと文字しかないのに、そのキャッチコピーは「ずっと笑いっぱなし!」

 

アメリカで70万部を突破したベストセラー作品で、著者は俳優、コメディアンとしてマルチに活躍するB・Jノヴァク氏。

 

その日本語版を翻訳したのが、南アルプス市在住の音楽家でマジシャンの大友剛さんなんです。(以前、ててて!TVにもご出演いただきました)

 

絵がない代わりに出てくるのは、ちょっと口に出すのが恥ずかしい擬音語!大人はできれば読みたくないという言葉がいっぱい出てきますので、そこがイヤイヤ大人が読んでいるところがこどもたちにとってはツボのよう。

 

では、えがないえほんは本当に子どもを笑わせわれるのか?

 

ててて!TVでは甲府市内の保育園で実験!大友さん自ら朗読して下さいました。

 

 

すると・・・

子ども達から「もう1回もう1回」とアンコール!

 

大盛況でした。

 

「えがないえほん」は本当に、子どもを笑わせるパワーのある本でした!ぜひ皆さんも読んでみて下さいね。

 

 

 

えがないえほん

早川書房 1404円(税込)
音楽家・大友剛(たけし)さんが翻訳

 

大友剛さん情報

・12月9日(土)山日紙面インタビュー

今回の読み聞かせの様子、そして大友さんのインタビューが、12月9日(土)の山梨日日新聞・文化面でも特集が掲載されます。こちらもぜひご覧ください!

・12月15日(金)「えぐあどべ」ライブ

大友さんが所属する音楽ユニット「えぐあどべ」のライブが12月15日(金)に甲府の桜座で開催されます。申込み、お問合せは桜座まで。


2017年12月7日 04:05