無生野の大念仏(3月12日)

 

旧秋山村、現在の上野原市無生野には、県内で唯一、念仏踊りの完全な姿を残す、『無生野の大念仏』が伝えられています。

 

人々が念仏を唱えながら踊りを踊ったり、太鼓などを鳴らす『無生野の大念仏』は、その純粋な形を今に残すものとして、大変珍しいものといわれています。

 

 

今回、ててて!TVはその数百年続く独特な踊りと、伝統を次世代に継承する地域の人たちを紹介しました。

 


2018年3月12日 04:05