DIYが変わる!山梨発注目マシン(5月19日)

いま女性にも人気のDIYが、より身近に、より楽しくなる、山梨生まれの注目マシンを紹介しました!

 

 

DIYって?

DIY=do-it-yourself

 

プロではない人が、自分自身で身の回りの小物や家具なんかを製作する、という意味で使われる言葉ですが、最近TV番組の影響などで、女性にも大人気。

そんなDIYの可能性を広げる家庭用の機械を、県内の会社が開発したそうなのです。

 

 

株式会社SMART DIYs

有井さんと櫻井アナ

その会社というのが、株式会社SMART DIYs。新製品の開発、検品、梱包を行う会社で、社長の有井佳也さん(33)が立ち上げました。電子部品メーカーで働いていた有井さん。4年前に起業し、社屋は、有井さんの実家を利用しています。

 

さてその気になる製品とは・・・・

ずばり「デスクトップレーザー加工機」です。

 

レーザー加工機

 

 

デスクトップレーザー加工機

 

気になるこの機器は・・・?

 

レーザー加工機とは、その名の通りレーザーの熱で板などを切断できる機械。
業務用のものは100万円以上ですが、有井さんたちは、一般の人にも手の届く5万円台という価格で製品化を実現したんです。

使い方は至って簡単。パソコンとレーザー加工機をケーブルでつなぎ、パソコンには、あらかじめ加工したい形を入力しておく。ソフトを立ち上げたら設計図通りにレーザーの熱で切断したり、表面に模様を描いたりしてくれます。切れるのは、画用紙を始め、薄いベニヤや革などにも使用できるそう。

 

 

こんなものが出来ちゃいます

 

細かな模様を描いた切り絵から、革製品やスマートフォンへの文字の掘り込み。

 

レーザー加工機作品

 

さらに、アクセサリーやジグソーパズル、お菓子にも模様をあしらうことができました。

 

レーザー加工機作品アクセ

作品パズルに

作品マカロンに

 

韮崎市の会社員、高添さんは、趣味の革製品作りにレーザー加工機を活用中。革の表面に自由に模様を入れ、作品を友達にあげたり、フリーマーケットに出品したりしているそう。

 

また、このレーザー加工機のユーザーの多くが、インターネット上で使い方の情報を共有し合っているそうです。デザインの可能性は無限大に。創造力を共有する輪が広がっています。

 

0519櫻井アナ込み

 

有井さん
「ものづくりを身近に感じてほしい…今までものづくりは専門的な分野。
こういった装置を提供することで、家族の中で使ってもらえるかなと思う。
今までも購入者が、こちらが想像できない使い方をしてきた。そういう風に広げてほしい。」

 

この製品が気になるという方は、下記HPからチェックしてみて下さいね。

 

 

(株)SMART DIYs

http://www.smartdiys.com/about/


2016年5月19日 04:25