甲府中央郵便局 (12月19日)

 

あっという間に年の瀬…

 

 

年末は何かとみなさん忙しくまさに「師走」目まぐるしく時間が過ぎていきますよね…

 

 

 

 

 

でもこの時期だからこそ、時間をとって

 

 

 

 

今年を振り返りながら、来年もお願いします。

 

 

 

 

と綴る、年賀状。やはり大切ですよね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はそんな年賀状を、送り先にしっかり届けてくれる、

 

 

 

 

 

 

山梨県内最大の郵便局、甲府中央郵便局にお邪魔してきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

県内の郵便はまずここに集められるという場所。

 

 

 

 

 

今回は師走の忙しい時期、郵便局の裏側を見せていただきました。

 

 

 

 

去年ですと300万枚もの年賀はがきが集められたということで

 

 

 

人間の力だけでなく、

 

 

 

 

 

書状区分機と言われる機械を使い、各配達場所の仕分けをしていくんです。

 

 

 

 

そのとき、書状区分機のなかでは瞬時に郵便番号と住所を読み取り、バーコード化します。

 

 

 

 

人間の目では見えない(専用のライトを照らすと見える)バーコードがはがきに印字され

 

 

 

 

そのバーコードによって区分機が仕分けをするのです。

 

 

 

 

400口もある、小部屋にそれぞれ仕分けます。

 

 

 

5秒ほどであっという間に一連の作業が済むのです!

 

 

 

 

このようにして、1時間に5万枚を仕分けるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が出した年賀状もこのようにして、スピーディーに仕分けられると思うと

 

 

 

感動!たくさん出して仕分けてもらいたくなりました!

 

 

 

 

 

 

 

機械では読み取りれなかったものは、1枚1枚手作業で仕分けるということで

 

 

 

 

この日もたくさんの方が仕分けにあたっていました。

 

 

 

郵便番号が書いていないものはどうしても区分機では読み取れないそうなので

 

 

 

郵便番号の書き忘れには注意したほうがいいですよ!

 

 

 

 

 

 

牧石局長そして、後ろには書状区分機とともに!

 

 

 

局長そして甲府中央郵便局のみなさんお忙しい中、本当にありがとうございました。


2017年12月22日 04:12